バートンから革新的なステップインシステムが出る 

シェアする

本文上の横長 181130設置

当ブログではメインカテゴリーとして「トレイルランニング」を
サブカテゴリーとして「キャンプ」の事を書いております。

それ以外に冬場は「スノーボード」も加わります。
冬が近づくと検索キーワードの上位はキャンプ、トレラン関連から雪山関連が多くなってきます。
スノーボードの記事で検索数が多いのは
バートンの過去にあったステップインシステムについて書いたもの。

さよなら バートンSI(ステップイン)

スノーボードステップイン絶滅の理由を考える

何気なくアクセス解析のキーワードを見ていたら
「ステップオン」の文字が・・・
最初は「step in 」 を「step on 」と間違って検索したのだろうと思ったが
「step on 」と調べてみてわかった。
テリエ・ハーコンセンが新しいステップインシステムに乗る動画が出てきたよ。


動画を見る限りはステップインよりもスムースな着脱が出来そうな予感。
テリエ・ハーコンセン いわく
「2~3年の内にみんなこのシステムを使ってるんじゃね」とのこと
ステップオンが20年前のステップインと違うところは
・ブーツにラチェットが無い
ラチェットが無くても固定できるようだ。
・ブーツ左右2辺固定から ブーツ左右とアキレス腱部分の3点固定になった事。
・ハイバック部分のレバー解除だけで着脱できるようだ。
・左右の爪部分は可動しない。
踵をひねるような感じではずしている事から
左右の爪とブーツのホール部が3D形状になっているのだろう。

説明文を読んでみると、
まったく新しい技術を作るのは容易ではないが
3Dプリント技術でテストライディングから製作へのフィードバックが
24時間以内に可能になった事で開発もスピーディに進んだようだ。」
アメリカ特許庁にはステップオンに関するパテントが登録されています。

新しい技術を見るとわくわくしますね。
年に何回も行くわけではないので、出ても買いませんけど
違和感無く、レスポンスも良ければトップライダーも使い出すのではないでしょうか。
テリエハーコンセンが言う様に
このシステムが定着するには、全メーカーで統一規格にする事が必要ですけどね。
参考にしたサイト
BOARD RAP

追記:2017/12
BURTON STEP ONのページリンク
リンク先のページに書いてありますが、今の所ネットでの販売はしていない模様です。
詳細や入手方法を知りたい場合は
ライダーサービスへ連絡するか、正規ディーラーへ問い合わせてみてください。

本文下

シェアする

フォローする