あそこに挟むだけ!究極ミニマルなボトル。 それはシンプルハイドレーション

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
一目見たその時に「ピーン」ときた!

その見た目と価格のギャップがあり過ぎて、カートに入れては削除を繰り返していた物。
実店舗で見かけて触って、カゴにいれてみても
「何だかなぁ」って感じで、また元に戻す。
そんな事やってるからアマゾンさんやら楽天さんから督促メールが届く始末^ ^
先日、とある専門店で見つけたときに、どうせ買うんだから思い切って購入しました。

シンプルハイドレーション。特殊な形状は何の為?


変な形ですよね。
コレは何に使うかわかりますか?
この変な形がアソコにピッタリでイイんです。
妻に見せたら「尿瓶みたい」って言われました。(笑)
尿瓶じゃねーし!

これは飲み水を入れるボトルだよ。
そうそう、この
シンプルハイドレーション
を買わずにいた理由は、モノの作りにしては値段が高いこと。
このちゃちい感じでお値段、なんと2376円也。高っ!

広告写真って普通は実際よりも良く見えるように撮ってますよね。

しかしこの商品、広告写真で見たって100均で売ってそうなクオリティにしか見えません。

別売りのキャップは必須です

高いくせに純正キャップの性能がイマイチらしく、使っている人のレビューによれば
水漏れしやすい事や吸い口が硬くて開かないって話。

純正は全プラ製
別売りのキャップを買うのがデフォルトらしいという事でキャップも合わせて購入。

別売りキャップの黒い部分はゴムです。


別売りキャップは486円。ボトルと合わせて2862円。T_T

シリコン製のOリングはボトルとキャップの隙間に入れます。

使い方

30分(5〜6キロ)程度走る時には、走る前に水分補給はしてるので不要ですが
1時間位走るときは、一口、二口欲しいな~
そんな時、自販機でペットボトルだと多すぎるし、お金勿体無いし。水道水でジュウブンだ。
簡単に水補給ができる物を探していました。
シンプルハイドレーションは容量が13オンス(368mlくらい)なので
1時間程度の行動には充分の容量。
携行方法もシンプル。

ベルトやランパンの裾に引っ掛けるだけ。
ボトルを携行する為のポーチやザックが不要です。
ミニマリストとしても有名なウルトラランナー、
アントン・クルピチカが使い出して人気が出たとか
私もミニマリスト気取りで腰に挿して使ってますが
パンツが下がる事も無く
揺れも少なく腰にボトルがある違和感もありません。
逆にこれを腰に挿して揺れが気になるようであれば
ランニングフォームの上下動が多すぎなのでしょう。

使い終わった後もシンプル。
口が大きいので中まで洗いやすいですし、
洗った後はキッチンペーパーを棒状にして水滴を拭えばすぐしまえます。
この商品がシンプルじゃないのはお値段のみ(笑)
高いと思っていたけど、手軽さと便利さがそれを上回ります。
※シンプルハイドレーションの使用上の注意
※キャップを強く締めて横にすると隙間から液体が漏れる場合があります。
別売りのキャップにするとほぼ大丈夫。
(最初からそれにしてくれ)

※黄色っぽい飲み物を入れてはいけません。

体に密着させて携行するので人肌に温かくなって、飲みにく~い感じになります。

麦茶アウト〜
追記:2016/12/5
しばらく使っていますが想像以上に便利でした。
既に体の一部のように手放せないアイテムになっております。
もし今使っている物が壊れたら躊躇無く買います。


トレイルランニング専門店スカイトレイルだと送料込みです。

コメント

  1. Y&K より:

    どこから突っ込んで良いのやら・・・笑
    取り敢えず・・・心にしまっておきます!

  2. 姫路の山本ちゃん より:

    こんにちは(^o^)/
    変なプレーに使わないでねぇ〜〜(笑)

  3. じゃーん より:

    やっちゃん こんばんは
    お好きな所に突っ込んでくださいませ。
    心にしまったままではいけません。

  4. じゃーん より:

    山本ちゃん こんばんは
    あのプレイをするのがバレましたか(笑)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました