100g台のゴアテックス?「SHAKE DRY」について調べてみました。

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

ゴアテックスは超軽量レインウェア向けの素材もあったんだね。

このジャケットの重量:はなんと116g (Lサイズ)

何故ゴアテックスなのにそんなに軽いのか?
軽さのわけは

GORE-TEX® SHAKE DRY™ プロダクトテクノロジー

というファブリックを採用しているからの様です。

シェイクドライ採用だとおそらく100g台前半
でレインジャケットが作れてしまうんじゃないでしょうか。

シェイクドライが軽量な理由を調べてみました

他社では既に軽量なファブリックがある

防水透湿素材を製造しているメーカーは
「Pertex Shield +」「eVent」「Polartec Neoshell」
「Hydroshell Elite Pro」「HYVENT Flyweight」
などの軽量の防水透湿素材が既にラインナップされており
100〜200グラム未満でレインジャケットが作られています。

しかし、ゴアテックスを採用している物で最も軽いパックライトを使った製品でさえ200gは切れていません。
モンベルのトレントフライヤーを例にすると215gです。

そこでゴアテックスは考えたんだね。

常識を覆す様な裏技的なものを出してきました。

レインウェアの構造

予備知識としてレインウェアの構造について見ていきましょう。

ゴアテックス3レイヤー

3レイヤー
ゴアテックス採用で一般的な生地構造は三層構造です。
表から ナイロン生地→ゴアテックスメンブレン→裏地という
ゴアテックスメンブレンを中央にして表裏に別素材を張り合わせた3レイヤーになっています。
例:ゴアテックスC-KNITバッカー(モンベルの ストームクルーザーで257g)

ゴアテックス2.5レイヤー

2.5レイヤー
パックライトは2.5レイヤー
表からナイロン生地→ゴアテックスメンブレン→微粒子吹き付け 。
裏地を微粒子に置き換える事で薄さと軽量化を図っています。
例:モンベル トレントフライヤーで215g

シェイクドライは何が違うの?

シェイクドライが一般的なレインウェアと違うのは
表地で使われるナイロンを無くし、ゴアテックス自体を表地としている構造だから。
SHAKEDRY
2レイヤーと言わないよね?発想がオリジナル過ぎ

そしてシェイクドライの裏地は吸水性がある物では無く水分を弾くタイプの生地。
裏地で弾かれた汗は表地のゴアテックスメンブレンで吸水、発散という流れの様です。
あれ?それなんか聞いたことあるなぁ
その発想はファイントラックのスキンメッシュやミレーのドライナミックなどの
ドライレイヤー、インナーと同じ理屈なのかもしれません。

SHAKE DRYの用途は

ランニングやロードサイクリングなど多量の発汗を伴うアクティビティで優位
透湿性はゴアテックスで最高クラスなんだとか
でもゴア剥き出しなんで藪漕ぎは怖そうです^^

SHAKE DRYを採用しているはメーカーは


Arc’teryx、
Mammut、The North Face、

Gore Bike Wear など

アークテリクス  ノーバン SL フーディ

ノーバン SL フーディは重量120g

マムート RAINSPEED ULTRALIGHT HS JACKET

RAINSPEED ULTRALIGHT HS JACKETは115g

The North Face HYPERAIR GORE-TEX® JACKET

ノースフェイスについては本国サイトで「HYPERAIR GORE-TEX® JACKET」という名前で発売されています。重量不明。

ゴールドウィンのECサイトとか見ても日本国内で売ってそぶりがありません。
日本のThe North Face(=ゴールドウィン)では
既にhyvent(ゴールドウィンの防水透湿素材)を使ったストライクトレイルフーディなどが110g程度であるので
日本でシェイクドライ採用した物の発売は、また違った形になるのかもしれませんね。
ちなみに本家ノースフェイスでは、ゴアテックス以外の防水透湿素材は
ゴールドウィンの技術の「hyvent」じゃなくて
「dryvent」(Phoenix の防水透湿素材)を採用しています。

2017/12追記:HYPERAIR GORE-TEXは日本では耐久性の問題で発売されないようです。

国内向けはHYPER AIR GTX HOODIE

日本では改良を加えてHYPER AIR GTX HOODIEという名称で発売されています。

シェイクドライではバックパックを背負った時のショルダーストラップとの摩擦が問題だったようで
バックパックを背負った上にジャケットを羽織る
というトレランではおなじみの着用方法を提案する事でこの問題を解決しています。
背中周りが少し余裕のある仕様になっているようですね。

Gore Bike Wear

Gore Bike Wear(英国発のサイクリスト向けのメーカー) では
Gore Bike Wear – ONE 1985 Gore-Tex SHAKEDRY ジャケット
トップページの写真が ONE 1985 Gore-Tex SHAKEDRY です。

他にも調べてたらランニング用のもありました。wigggleですが
Dynafit Ultra Light Gore
Dynafit Ultra Light Gore-Tex Shakedry Jacket

One 1985 GTX Shakedry Jacket はamazon.co.jpでも売ってますけど並行輸入で6万円!!

コメント

  1. みっ より:

    おはようございます。
    ノースのスケスケウインドブレーカー並みの軽さですね。(≧◇≦)
    この値段だと買えない...(ぼそっ)

  2. じゃーん より:

    みっさん こんばんは
    ここまで軽い必要は無いかな〜なんて思っています。
    買ってもまだ使いこなせませんね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました