雨上がり。タープを汚さない撤収手順

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

ここのところのキャンプに行っても高確率で雨撤収です。
といっても今年は、2回しかキャンプしてませんが。

タープの雨撤収は汚れるから嫌だ!

雨撤収は嫌ですよね。
雨の後などサイトの地面が土の時は水溜りが残っていたり
芝サイトでは朝露が降りていたりして
撤収時にタープに泥や芝が付着してしまいます。
シャドウキャスター
付いてしまったもの取ったり払ったりしてると
どんどん時間が無くなっていきます。

私はタープを泥や芝が付きにくい方法で畳んでいます。
そんな事、小ネタ過ぎてきっとみんなやってるだろうから、
ブログに上げるまでもないと思って数シーズン・・・
しかし、未だネットでもキャンプ場でも、そのやり方を見たことが無いので書くことにします。
これを記事化するのかどうか考えて4年掛かったぜっ(笑)

一般的なタープの撤収手順

オープンタープの撤収の手順として
1、サイドポールがあればサイドポールの撤去
2、サイドのロープをはずす
3、メインポールと4本のラインで自立している状態で(上の写真の状態で)
幕体の水気と汚れのふき取り、乾くようであればしばらく放置。
ここまでしたら普通はメインポールを倒してタープを地面に置いて
タープを畳んでいきますよね。
でも地面に直に置くとせっかく拭いたのに汚れてしまいます。
ブルーシートを敷くという方法もありますが広げてまた畳むという手順が増えてしまいます。

汚しにくいタープの撤収手順

始める直前に、撤収を進める側の2箇所のペグにかかっているロープを
ペグのフックのみに引っ掛ける。
(ロープのテンションを緩めるとロープが外れます。)
片方のポールは残す
ロープを引っ張りながらロープ2箇所とポール1箇所をはずします.
もう片方のポールは立てたままです。

汚れないたたみ方
タープを地面に出来るだけ落とさないように片手で上に引きながら
収納袋より小さく
やはり片側のポールは立てたまま、テンションをかけながらタープを
収納袋より少し小さい幅で折りたたんでいきます。
折りたたんでいく
端まで折りたたんでいった時、両手はタープでふさがっていますから
残ったポールはいきなり倒れないように、腕や背中で支えながら足で倒します
※メインポールが伸縮可能なタイプであれば低めにしておきます。
あとはテーブルの上にでも置いて巻き取れば
殆ど汚れるような事はありません。
まぁ何のことは無い、片方のポールを立てたままにして畳めばいいだけの話です。
ちょー小ネタすぎてすみません。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました