房総横断トレイル70k の短い方にエントリー

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

トレイルランニング2つ目のレースにエントリーしました。
7月の初レース。30Kのレースでは経験不足を露呈。
初めてのトレイルレースに挑戦3  トレニックワールドinおごせ・ときがわ30K
夏の気温に体が慣れていなかったのもあるけど
中盤以降、体調がおかしくなり失速。
終盤は歩き、ただただ抜かれるばかり・・
この頃は5キロ連続で走るとゼーハーしてたけど
今は同じようなペースで走っても疲労は少ないし、
走った直後の心拍が平常に戻るのが以前とは明らかに違う。
ランニングはやればやっただけの効果が出る。
週に2~3回。5キロ~10キロ。
調子が出れば早く、そうじゃないときはそこそこに、
それほど体を追いこんでいるわけでは無いのに
ハイハイだったのが、つかまり立ちになり、
2本の足で歩くことが出来るようになった感じの成長
(笑)
と・・まぁそこまででは無いですけど、
この歳になってからでもスピード系は上がらないけど
持久系の運動能力は着実に伸びるんだって事に驚いています。
10月末。2016年トレラン元年の総括的なレースをやってみようと思って
12月開催のレースでエントリー可能、宿泊をともなわない条件で探していたら3つ程あった。
第七回 筑波山トレイルラン大会
2016年12月11日(日) 30K
第10回 お宝登山・長瀞アルプストレイルレース
2016年12月11日(日) 16K
筑波はうっかりしてたら申し込み期間が過ぎてた。
長瀞は短いし 奥武蔵ばかり行ってるんでそろそろ別のエリアを・・・
ということで、ちょっと冒険心をくすぐる千葉、南房総のレースを

房総横断トレイル&アウトドアクエスト(Coast to Coast Trail & Outdoor Quest)
2016年12月17日(土)


昨年まで「鋸山アドベンチャーフェスタ」として開催したトレイルランレースと、昨冬プレ大会として開催した「房総半島横断レース」がベースとなり、新たに「房総横断トレイル&アウトドアクエスト」として開催。 房総半島の丘陵地を横断し、鋸山のダイナミックな山肌をすり抜ける、エキサイティングなマウンテンレースです。
太平洋沿岸の安房鴨川から、東京湾側の富津市金谷まで
房総半島を横断する全長70kmコース。
じゃ無い方の鋸山ラウンド(30km)にエントリーしました。
宿泊ナシでできるんだったら70Kやってたんですけどね(笑)
70KはUTMBエントリーに必要なポイントが3付与される予定なレースなんですね。
出場する鋸山ラウンド30Kは
富津市金谷・東京湾フェリー乗船場となりをスタート・ゴール地点とすると鋸山周辺エリアの30km
定員600名 スタート10:00
制限時間は6時間 エイド2箇所 関門は1箇所
エントリー費用は7000円  申し込み締切りは11月18日(金)まで
累積標高は1589m

ざっくりコース図を眺めると
序盤は林道の登り、アップダウンのトレイルとロードを経由して
中盤は鋸山区間、地獄のぞきとか、切り通しとか大仏とかの観光スポットを通過して
終盤は林道からスタート地点と同じ港へ
ロード3、林道4、トレイル3みたいな感じか
おそらくトップ選手は2時間30分~50分くらい
4時間30分を目標に
7月と比べて成長したのかどうか、もしくはただの思い込みなのか
どちらにせよ楽しんできたいと思います。

本レースの様子はこちら

鋸山トレイルラン30k 前編
鋸山トレイルラン30キロ 後編

コメント

  1. みっ より:

    おはようございます。
    そろそろじゃないかと思ってましたが、そっち方面のレースですか。
    無茶して 70kmじゃないんですね。  って他人事だから言えるんですけどね。。
    頑張ってください。 活躍期待しています ^^

  2. じゃーん より:

    みつさん こんにちは
    そろそろじゃないですよ。まだまだです。
    40k・50k・・と段階追わないとね。
    せっかくなんで楽しんできます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました