今年の山初めは足腰祈願と肉汁うどん

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

ブログの移転作業でブログ更新が出来ず、今頃かという話ではございますが、1月の初めに山に行ってました。

本日のコースは正丸駅〜正丸峠〜伊豆ヶ岳〜子の権現〜浅見茶屋~吾野駅

膝のリハビリがてら、子の権現で足腰の安全祈願と帰りに浅見茶屋で肉汁うどんをすする。というプランで

標準的なコースタイムは7時間で15kmくらいですね。

9:15分過ぎに正丸駅に到着しました。いきなり寒いです。
私以外に下車した人はひとりだけの様。

正丸駅から伊豆が岳へ

 

軽量化を済ませた後、気持ちの悪い斜め階段を下り正丸峠方面に向かいます。


分岐に出ました。正丸峠への近道は左ですが、少しでも距離を稼ぐため右に向かいました。


正丸峠到着。ってこの後どっち行けばいいんだっけ?

奥村茶屋の裏手にコースがあります。


ここから伊豆が岳の直下までは非常に走りやすいトレイルですね。


脚のふんばりが利かないので男坂はもちろんパス

伊豆が岳の目前まで来ると地面は乾いた黄土で崩れやすいのでしょうか
通行禁止のコースもありました。


伊豆が岳到着。止まると寒いのですぐ出発します。

伊豆が岳から子の権現へ

伊豆が岳頂上近くの南側は南側で乾いた砂礫で、右足がグリップ出来ず怖かった。

 

 

今日は子の権現の近くに来るまで3人ぐらいしか遭遇してないなぁ

 

鉄塔の近くは見晴らしが良い

天目指(あまめざす)峠に着く手前は重機が入って軽トラが通れるような道を造成していて、元の登山ルートがわかづらくなっていました。

 

天目指峠から30分、もうすぐ子の権現に着くタイミングでアレが見えてきます。

 

 

2年前に来た時は近くまで来る余裕がありませんでしたが、今回は近くまで来ました。
まぁ見ての通りでした。

子の権現は足腰の守護の寺

 

子の権現天龍寺到着。

 

鉄のワラジは重さ2トンらしい。

 

 

足腰守護のお守りを家族分買ってまいりました。

兄さん達、最近色塗り替えました?

浅見茶屋の肉汁うどん

子の権現から続く車道の脇に浅見茶屋にいける道があります。

子の権現から15分山を下って13時過ぎに浅見茶屋に到着。
登山客以外にも車で来ている客も多いです。

冬の間やっている”鍋焼きうどん”にも惹かれましたが
”釜揚げの肉汁うどん”を注文。
奥の座敷で大人数の宴会をやっているようで、なかなか待ちましたが
店内のゆっくりとしたペースが心地よく
ぼーっとしてると肉汁うどんが到着。

冷えた体に染み入りますね。

浅見茶屋

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました