今年も足腰守護祈願と肉汁うどんです。

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちはkenyaです。トレイル始めは試走という形でやったけど、まだ膝に不安を持つ自分にとっては、あの場所に行っておきたいんだよね。

去年行った時の記事今年の山初めは足腰祈願と肉汁うどん

同じ膝故障仲間w。で膝手術後で絶賛リハビリ中の「みっさん」を誘って子ノ権現(ねのごんげん)へ向かう事に。

子ノ権現、竹寺参拝と肉汁うどんコース

吾野駅~前坂~中沢~天王山~竹寺~子ノ権現~浅見茶屋~吾野駅

ヤマプラ (山と高原地図 ) でルートを引くと標準コースタイムは5時間でした。

吾野駅を9時過ぎにスタート

吾野駅を降り、秩父方面に向かっていくと「吾野湧水」の看板があります。階段を降り線路の下のトンネルをくぐり墓の横からトレイルへ。

吾野駅~前坂分岐は歩きやすいトレイル

前坂分岐

ゆっくり登って30分で 飯能アルプスと交差する 前坂分岐へ。

11月に来た時は分岐標識の杭が折れて立て掛けてあるだけの状態になっていましたが、どなたかが新しい杭にしてくれたのでしょう。感謝

前坂分岐から7時方向の道へ進むとトレニックワールド彩の国100マイル/100KのSouth1コース。

天王山の登り

中沢集落からのトレイル入り口

11月に試走した時には 間伐材 や台風の影響などの倒木、枯れ枝などが散乱していて道が不明瞭でしたが、だいぶ片付けられ、TWのグリーンのテープでマーキングもありましたので少しだけわかり易くなっていました。

今回のコースでここを選んだのも、もう一度天王山の登り口を確認したかった事もあります。やはりSouth1の難所は四寸道の下りと天王山の登りで間違いない。

天王山の尾根道のきつい直登

中沢集落から天王山のピークまでは距離約1キロで250m程標高が上がるので結構な急坂です。

竹寺は神仏習合の寺

牛頭天王像
茅の輪


「竹寺(八王寺)略縁起」当山は、縁起によれば「天安元年丑年、慈覚大師東国巡修の折、疫病流行し患者の多きを憐れみて、当山を道場として大護摩の秘法を修し、一切の障 難を除き、疫病を降伏し病患を除かしめん事を誓い、一刀三礼して尊像を造り、世の人を救い後世に遺し給へり・・・・・」と。

以来「東国霊場」として、山岳 信仰の道場として千年余の歴史を有しております。本尊「牛頭天王(ごずてんのう)」を祀り、本地仏に「薬師如来」を配し、神仏習合の姿を今に残す東日本唯 一の遺構であり、「天王さま」と呼ばれ親しまれています。また、境内の観音堂には、聖観世音が祀られており、武蔵野観音の三十三結願寺ともなっています。

竹寺HPより
本殿

説明書きには本尊は牛頭天王(ごず・てんのう)と書かれていましたが「ぎゅうとう・てんのう」って読んでました。

竹寺からは「関東ふれあいの道」(ハイキングコース)を通って進みます。豆口峠の手前が崩落していますので山側に迂回して豆口峠に至ります。

子ノ権現で足腰の安全を祈願

鉄製の草鞋(わらじ)で有名

子ノ権現では、今年一年の足腰の安全を願い、お守りじゃなくて実用的な「手ぬぐい」を買い求めお守り代わりとしました。

だまし絵の様なデザインのてぬぐい
鐘撞のタイミングは30秒以上間隔を空ける

高台にある鐘撞堂で鐘を衝き、見晴らし台(標高634m)からスカイツリー方面を望むもスカイツリー見えず。

願掛けした草鞋が掲げられている

浅見茶屋で肉汁うどん

子ノ権現からは15分程で浅見茶屋へ。浅見茶屋に着くと店の前に待っている人が数グループ。名前を書いてしばらく待ちました。

肉うどん、ワンカップ(燗してくれます)、つくねを注文。熱燗をちびちびしつつ世界平和の事や今後の日本経済の話で盛り上がりました。

※つくねは3個です

つくねも美味しいが添えられている味噌がまた美味

肉汁釜揚げうどん850円(大森は+100園)

薪ストーブが焚かれた店内でアツアツの湯溜めの肉汁うどんと燗酒で温まり満足。食べている間も続々と客が集まって来るので早めの来店が好ましいでしょう。

浅見茶屋

みっさんは手術後初トレイルだった様ですが、トレイルなら負担が少ないという事が確認出来た為、トレイル復帰に意欲を出されてました。めでたし、めでたし

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました