地理院地図がアップデート。住所か緯度・経度から地図上に表示できる機能が追加

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちはkenyaです。

地理院地図上に場所を表示

住所リストか経緯度リストで地図上に場所が表示できる

国土地理院が提供する地図サービス「地理院地図」に新しい機能。住所か緯度・経度のCSV形式ファイルがあれば、地図上に場所を表示できる機能が追加されました。

Googleマップでも同様の機能はあるが・・・

同様の機能はGoogleマップのマイプレイスでもありCSVファイルがあれば簡単に作成可能なのですが、 Googleマップ上で表示した場合利便性が低い場合があります。

例えば 道路も施設も無いような森林や山中で表示した場合、場所が分かってもその場所までどの様にアクセスすればいいのか分からないんですよね

Googleマップで作成した地図上のマーク。場所はわかるが行き方はわからない

その点地理院地図ならいろいろな地図が利用できるので便利

地図上に表示させる方法

エクセルなどの表計算ソフトで作成したデータをCSV形式で出力します。筆者はgoogleスプレッドシートにて作ってみました。

住所リストから作成する方法

作成したCSVファイルを地理院地図上にドラッグ&ドロップ、もしくは「機能」→「ツール」→「作図・ファイル」から読み込むと以下のようにどの列に住所が書いてあるか指定します。アイコンも選択可能です

このようにCSVファイル内に記入した内容も表示する事ができました。

緯度・経度 から地図作成

ちなみに緯度・経度は緯度経度地図 というサイトから取得する事ができます。

住所リストと同じようにドラッグ&ドロップで以下の様な画面が現れます。

地理院地図なので徒歩道の線が表示されています。

地理院地図で作図したポイントを地理院地図上では保存できず共有できないのが残念なところ。共有する為にはcsvファイルを配布して、地理院地図にドロップしてもらうというめんどくさい手順になってしまいます。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました