モビリティパークでカヌー&トレック

シェアする

本文上の横長 181130設置

7/23~24
子供たちの夏休み最初の土日は
静岡県は伊豆半島の真中あたりにある高規格キャンプ場

モビリティーパーク
地図上に「伊豆の国」って書いてあるのをみて
「こどもの国」みたいにアスレチックとか、博物館的な
テーマパーク的な所にあるキャンプ場なんだ想像したけど
伊豆の国っていう市名でした。
すごい久しぶりにキャンプの話題です。


自宅からは6時過ぎに出発。ご近所のM君家も一緒。
首都高~東名~小田原方面へ
小田原からは、まだ来ない夏気分を味わう為に海沿いドライブ。
海無し県民は潮風で感動します。
道は熱海辺りまでは渋滞。風景をゆっくり眺めながら進む。
宇佐美のスーパー ナガヤで買い物済ませてから
曲がりくねった山道を15~20分登って亀石峠。
峠を過ぎて5分ほど下ると、
小さな山に囲まれた、小さな田圃沿いに
キャンプ場入り口が見えてきます。

12時過ぎにゲストハウス前に到着。

サイト入場時間は13時なので、受付だけ済ませて
スーパーで買ってきた惣菜で昼食。
前の池で、15:00からカヌー体験ができるというので予約。

53,54番サイトに到着。
横幅は10メートルちょっと、奥行き6メートル未満のサイトでした。
1サイトあたり、駐車スペース含めて100㎡は無いでしょう。

車-テント-ワンタッチタープ-シャドウキャスター-アメド-車
とほぼ直列の陣形。
横から奇襲攻撃を受けたら、ひとたまりも無いだろう。
※アメニティドームMは最低3m×5.5m必要です。
個別サイト自体は広くありませんが、
サイト意外のスペースが広く取られているので
狭さはあまり感じませんでした。
設営が終わりカヌーをやるために池の前へ。大人はビールを持って^^
一人、40分で1080円で体験できます。

ジャケットを着て、乗り方のレクチャーを受けます。
めったに無いそうですが、年に何人かドボンする人がいるそうです。

陸と桟橋に渡したパドルの上に体重を乗せながら
船にのるんですね。

一人づつ出艇です。



子供はすぐに覚えますね。



そんなにおもしろいんか?
見ていたら自分もやりたくなりました。^^
池を背中越しに、ビールを飲みながらデッキの上で談話していたら
今までと違う声が聞こえます。
M君ドボン!!

大人大喜び。全員写真を撮り始める。
落ちた本人笑ってるし^^
力強く漕いで、急に抵抗かけた途端にひっくり返ったようです。
年に何回も無いという光景が見れましたw。

救助艇がやってきました。
1080円と低価格なので
モビリティパークのカヌー体験はおすすめです。
カヌーも終わったので、サイトに戻りがてら場内の散策をします。

場内の案内図
モビリティパーク案内図大きいサイズの写真です

ゲストハウス横に大きな滑り台があります。

滑り台脇の階段を登るとイベント広場があります。広いです。


ステージ

ジャブジャブ池。

「TREKKING ROUTE→」 なんでしょうか?行ってみましょう。

入り口かな?

この奥ですね。
奥の方で何かが誘っているような気がします。

ゆっくり走りましたが
なかなか気持ちのいいトレイルです。

広場の東屋が見えます。奥には田んぼが見えます。

このキャンプ場は、かなり広いですね。
今日は暑くも無く、気持ちのいい空気を吸えました。
緑の前菜を頂きました。ご馳走さまでした。
サイトに戻って夕食準備。炭をおこします。

スーパーでカツオの柵が売ってたので、
炭で炙って土佐作り風にしました。
三つ葉みたいなセロリ(ホワイトセロリ)がさわやか。

20時過ぎに花火を持ってきていることを思い出しましたが
花火は19時から20時まででした。残念。
花火の代わりに、昆虫さがしをすることに。
場内に昆虫の森っていうのがあるらしい。

土から出てきた蝉の幼虫が
木を登ってるのを見たくらいで、特に収穫はなし。
長男と早朝に虫探しの約束をして就寝。
つづく。

本文下

シェアする

フォローする