一周回って凄さ実感。ウタマロで泥汚れと皮脂の臭いが消える

シェアする

本文上の横長 181130設置

ウタマロっていう昔ながらな感じの石鹸ご存知でしょうか?


家では、風呂の片隅に あった子供の運動靴用の液体洗剤が、いつの間にか薄緑色の”ウタマロ”石鹸になっていました。

ウタマロは 数年前から 靴下の泥汚れや、襟についた汚れなどが抜群に落ちると言うことで、主婦の間では有名になっていたらしいんですね。

自分はシューズ洗いで使ってみたんですが、確かにソールのEVAフォームの白い部分の泥染みなんかが、ウタマロ付けてブラシでゴシゴシ洗うと綺麗に落ちるんですよね。

染み付いた皮脂汚れと臭い

Tシャツは洗濯機で洗っても、汗で濡れたりすると  衣類からニオイが出て不快に感じる時があります。ウタマロはその臭いにも効果があるようなので
気になっていたポリエステルのTシャツをランニングで着た後、入浴ついでにウタマロで軽く揉み洗い。その後他の洗濯物と一緒に洗濯機で洗濯しました。

使いかけの石鹸の撮り方がわかりません。どうしても汚く撮れてしまう。

天日乾燥後には濡れるとニオイが強くなるであろう”あのニオイ”は消えていました。

ただ、皮脂分が除去された代わりに、しっとり感が無くなってパッサパサになったけどね。^^

何故臭いが消えるのか?

洗濯用の洗剤、一昔前は4~5kgありそうな大きい箱の粉洗剤で、それがコンパクトな粉洗剤になっていって、次に液体洗剤が増えて段々濃縮化。最近ではジェルタイプの洗濯洗剤が出てきてますよね。まだ家では使ってないみたいだけど。

粉から便利な液体が主流になった事で失った物があります。

粉末は弱アルカリ性、液体は中性

ウタマロ(石鹸)が皮脂汚れを落とすのは何故なのか調べてみると、粉末(固形)洗剤は弱アルカリ性で、液体洗剤は中性または弱アルカリ性だということを知りました。

ヌルヌルする奴は大抵アルカリ性で、アルカリ性の温泉に浸かったり、石鹸を触るとヌルヌルするのは、温泉や石鹸自体がヌルヌルしているわけではなくて、触れた皮膚のタンパク質が解けてるからヌルヌルするんだと 高校の化学の時に教わったのを思い出しました。

石鹸だとアルカリ性の汚れは落ちにくい

山でついてしまう植物の緑色汚れ、コーヒー、カレーなどはアルカリ性なので 逆に酸性の洗剤で落とせます。

ウタマロはどこにある?

1個150円程度と激安!ネットでは安く売ってますけど送料の方が高くつきます。

スーパーやドラッグストアとかに売ってるので日用品の買い物ついでに買った方がいいですよ。

ウタマロ 洗濯用石けん(133g*3コセット)【ウタマロ】posted with カエレバ楽天市場AmazonYahooショッピング

 

本文下

シェアする

フォローする