自分にできる熊本支援

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

最初の熊本地震発生から2週間。
比較的地震が起きないと言われていた熊本での地震。
そして、未だ余震は続き不安な日々を送っておられるのでしょう。
日本はいつどこで地震が起きても不思議でないのだから人事ではありません。
自分に何か出来る事は無いのか?
10万円くらいポーンと寄付できればそれが最大の支援になりますが
私の性格と懐事情から考えればできるはずもありません・・・・・・・。
駅前などでやってる募金の呼びかけ。
10円入れただけで盛大に感謝されちゃうから苦手なんだよなぁ。
ナチュラムポイントで募金できます。

ところで話は変わりますが、私は週末どうしても暇なときは
山登り(通称:トレランっぽい登山)での体力作りも兼ねて
距離を決めないランニングをやり始めました
今までランニングなんて殆どやった事ありませんでしたが
長い距離を動いても疲れにくい体に変化していくのが面白かったりで
体力のある間は、続けていきたい事の一つになりつつあります。
そんな暇な日曜日の午後、暇な日のルーティンとして
トレイルっぽい道を探しながら用水路沿いや川沿いの道を走っていました。

だいたい距離にして10キロちょっと走っていたくらいでしょうか?
突然思いついた。


そうだ「100メートル走る毎に1円を寄付しよう。」
これを1年間やってみよう。
月2位でやってるランニング(だいたい歩きですけどね)では
1回長くても20kmなので額にして200円位と小額。

しかし1年を通して実行できれば5000円くらいは寄付できる。

ポケットから直接5000円を募金箱に入れれば、
最初はいい事をしたと思っても、心の中のどこかで5000円のマイナスを感じるはず。
さもしい表現だが1勝1敗だ
「100メートル走る毎に1円を寄付」
この方法だとマイナス心理にはならないと思われる。
無い袖は振れないのだから、振りたくなるような袖を作ればいいのだ。
トレーニングを続けていくモチベーションアップとのトレードオフとしての寄付になるので
1勝1引き分けくらいか?
いや、むしろ
・支援したいと思いながら実行できる。
・自然と記録と距離が伸びる。
・確実に体力向上。
気分的には3勝1引き分けぐらいだ
走り終わったらアドレナリンが出てる間にコンビニとか駅の募金箱へ
(アドレナリンが出まくりすぎて1000円とか入れちゃわないように。
少ない額でも継続できる事の方が肝要。)
寄付するために、もっと距離を稼ぎたくなる
その為にはいいギアも必要になるという大義名分口実もできますし(^^)
10キロ走る事ができるなら100円を払う事なんて容易い。
山なら標高10メートル毎に1円としておけば
1500メートルの上り下りでたったの300円です。登りだけの150円だっていい。
キャンプで100キロ先まで行ったのなら100円。
ビールを1リットル飲んだら10円でもいいじゃないか。

この日17.6キロだったけど小銭が無いので226円
自分が気持ち良く、楽しく長く実行できること
考えながら走ったり、登ったりしようと思います。
ちょっと考え方に自己満足感が強すぎだったりで、
月曜日に一度書いてアップするのをためらいました。
しかし、たった1人でも読んで頂いて賛同頂ければ、
少なくても確実に支援できる
それで勘違いや、批判されたとしても構わないと思い投稿する事にしました。

コメント

  1. みーパパ より:

    いいのではないでしょうか?^ ^
    まず、面白いと思います〜そこは大事だと思います。それぞれの日常の中に出来ることを組み込んで継続していく^_^
    エベレスト登っても800円くらいですね!

  2. じゃーん より:

    みーパパさん こんにちは
    長く続けていける事が大事だと思いこの方法をやってみることにしました。
    エベレストに行ける余裕があれば8万円くらい払えそうです。^^

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました