1箇所で揃う。埼玉の大型アウトドアショップまとめ 2019《随時更新》

シェアする

本文上の横長 181130設置

更新履歴

  • 2019/01/08 一部に写真追加しました。
  • 2019/03/29 グーグルマップ上でショップの場所がわかる地図作成しました。

埼玉の大型アウトドア関連ショップの全体地図

キャンプや登山などアウトドア関連の物を入手できるショップを以下の項目で地図上に作成しました。

  • スポーツオーソリティやゼビオなど大型スポーツ用品店
  • モンベル、好日山荘など登山関連のチェーン
  • リサイクルショップ
  • セレクトショップ

埼玉の大型アウトドアショップ《エリアわけ》

埼玉県内でキャンプも登山もランもスノースポーツのギアも揃う大型アウトドアショップ。もしくは同じエリアで色々な物が揃うエリアは大きく分けて4エリア

コクーンシティー(さいたま新都心)

さいたま市近辺で最もアウトドア系ショップが集積しているのはコクーン新都心。2015以前はアウトドア系のショップは皆無といってよかったのですが、2015年春の大幅リニューアルでコクーン2、コクーン3と一気に売り場も増えて充実しました。

コクーン2内は主にウェア関連のショップが入っています
ロゴスショップ、THE NORTH FACE、Columbia Sportswear、adidas Originals Shop、HELLY HANSEN等

ロゴスショップ

コクーン3には東日本で唯一のキャンパルジャパンのプレミアムストアがありスタッフが常駐しています。キャンパル製品を検討しているなら行ってみましょう。

スノーピークストアとロゴスストアも入っています。 ハイシーズンには屋外の広場に三社のテントを展示している時があります。

コクーン3の3階には大型スポーツ専門店のゼビオが入っています。

大宮駅周辺は登山関連のショップ

コクーンは山関連が弱いのですが、大宮駅周辺には埼玉県内でおそらく最も登山関連の店が集まっているエリアです。

  • 好日山荘
  • Mt.石井スポーツ
  • モンベル
  • カンダハー 大宮(スキー専門)

ららぽーと富士見

ららぽーと富士見には、ロゴスショップ、ノースフェイス、ゼビオ、モンベル、ムラサキスポーツ、コロンビア等が入っています。
2018年11月にはワークマンプラスがオープンしました。

ワークマンプラス ららぽーと富士見店

他には持ち込み食材もOKな、「デジキューBBQガーデン」という
BBQの飲食店があります。

ららぽーと富士見はキャンプ、登山関連の選択肢が多くはありません

富士見エリアだと他にWILD-1 ふじみ野店があります。(ふじみ野市東久保1丁目1−27)

イオンレイクタウン(越谷)

イオンレイクタウンは日本最大規模のショッピングモールです。


端から端まで約1Kmあり、イオン内にスターバックスが5店舗入ってる程の広さなので、歩きやすいシューズを履いて行きましょう。

主なアウトドア系のショップはモンベル、ヴィクトリア(L-Breath)、スポーツオーソリティなど、以前は石井スポーツがありましたが閉店しました

アウトレット棟にはMILLET、ムラサキスポーツ、ロゴス、Y`ロード(スポーツバイク)などがあります。

またイオン内ではありませんが近くにWILD-1があります。

三井アウトレットパーク入間

三井アウトレットパークにはモンベル、コロンビア、THE NORTH FACE/HELLY HANSEN、Y`sロード、NIKE、アディダス等のアウトレットです。同じ敷地内にあるコストコとセットでどうぞ

https://goo.gl/maps/yj3kNEWoNC12

道具が沢山あるのは不便?

ここまではアウトドアギアを「買う事」について書いてきましたが最後に「売る事」「処分する事」も同時にお伝えしたいです。

アウトドアギアは色々な物を持っていれば色々な事が出来そうなので便利だと思いがちですが、私の経験からいうと沢山のアウトドアギアに囲まれているのは逆に不便だと思っています。

多過ぎるギアに囲まれて幸せか?というとそうでも無いんですよね。

多くを持っていなかった時のほうが自分で工夫して、それが楽しかったと思う事もあります。

例えば同じ用途のギアでグレードの高い物を手に入れた場合、以前使っていたギアはおそらくもう使う事はないでしょうし、収納するスペースだって圧迫して最終的には劣化して粗大ゴミになってしまいます。

ギアの取捨選択はアウトドアスキルを上げる事にも繋がり、無駄に買ってしまう事も抑える事が出来るのです。

アウトドアギアとの付き合い方のスタンスは人それぞれですが、自分が思う最高の楽しみ方を見つけていって下さいね。