小江戸大江戸200k完走報告

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

表題通り、2020年2/22〜23に開催された

「第10回小江戸大江戸200k 」大会の完走を果たす事ができました。

2016年2月からトレイルランニングを始めて4年。トレイルを走る為の日々の練習でロードを走る事はあっても、ロードレースにはあまり興味はありません。しかし、この小江戸大江戸には出場して完走してみたかったのです。

小江戸大江戸はレースだけどレースじゃない。第一の目的として「心の旅」っていうのでしょうか?36時間を使って心と体、内と外を行き来するグレートジャーニーな雰囲気が魅力的に感じていました。

小江戸大江戸は自分の想像以上に非常に辛く苦しい展開でして、ウンザリするくらい味わい深く堪能する事ができ第一の目的は達成できたのかと思っています。

自らの力不足を感じながらも完走できた要因としてはボランティアの皆様、寒い夜中でも私設エイドを開いてくださった皆様、そして何より同じ目的を持って支え合い一緒に旅をしてくれた、選手の皆様の「おかげさま」。この一言に尽きます。

今回は完走報告として本編は次の機会に

コメント

タイトルとURLをコピーしました