神の領域を走る パタゴニア極限レース141km の放送日

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

6月にNHK総合 で放映予定だったのに
イギリスのEU離脱の影響で放送延期になっていた。
「神の領域を走る パタゴニア極限レース141km」の放送が、
10月2日(日)NHK総合 午後9時00分~9時49分 となったようです。
気象変化の厳しい南米チリ、パタゴニアで開催されたウルトラフィヨルド(141km)の
レースを追ったドキュメンタリー番組です。
放送内容 ※HPより引用
道なき道、原野や山岳地帯を100キロ以上、不眠不休で走り続けるタイムレース「ウルトラ・トレイル(山岳)ラン」、国際レースとして世界各地で開かれるこの競技の完走率は平均65%。しかしその半分にも満たない、わずか30%という超過酷な大会が南米パタゴニアで開催される。絶景が広がるこの大地にひとたび踏み入れると、悪路や目まぐるしく変わる気候など、次々とむき出しの自然の猛威が襲いかかる。これに果敢に挑んだのが、世界18か国から参加したトップレベルの男女91人。彼らが共通して恐れるのが、レース終盤の「神の領域」を呼ばれる、未知のゾーン。果たして彼らのいう「神の領域」とは何なのか。47歳になる日本の第一人者・鏑木毅(かぶらきつよし)に完全密着。特殊撮影やレース中の心拍数変動などのデータを駆使し、神の領域の可視化を試みる。体力気力の限りを超え走り抜こうとする人類の、秘めた野生と本能に迫る、世界一過酷なレース・全長140キロの人間ドラマ。
引用終わり。
神の領域を走る パタゴニア極限レース141kmのサイトへ
ランニング系の雑誌やネットなどで、出場した鏑木選手の記事を読みましたが
今までも相当なレースを経験している鏑木選手でも、
その中でも一番きついレースだった。
と言わせる程、相当過酷なレースだったそうです。
読んでて寒気がしたもん。
因みにウルトラフィヨルドの公式サイトを見てみると
鏑木選手の順位は年代別1位 で総合では2位でしたね。
また、グレートレース(BS1でやってる世界中の過酷なレースを放送)の撮影、制作スタッフが
どういった技術でパタゴニアの自然や選手達に迫っていくかも見所です。
ご興味あればぜひ。日曜日の夜9時のNHKです。

コメント

  1. すずパパ より:

    こんばんは~
    昨日、真田丸を見た後、この番組が始まりました!
    そういえば、じゃーんさんが紹介していたな…と思い見始めたら…
    あっという間に1時間経ちました!
    とてつもないハードなレースですね!
    それなのに結構高齢の方も出ているようで…
    自分の限界と戦う姿に感動しました!
    鏑木選手の結果も素晴らしかったですね!
    自分もそうストイックに生きたいと思いつつ、自堕落な生活を続けてしまいます(;^ω^)

  2. みっ より:

    おはようございます。
    録画して家族で見てしまいました。
    あっという間の一時間でしたね。
    弁護士のおじさんが凄かったです。
    おたけびをあげている選手の極限状態が凄かった。。。
    調べたら30kmの部門もあるようですね。
    どうですか? 一緒にでましょうか 10年後位に。。。 ^^;

  3. じゃーん より:

    すずパパさん こんにちは
    見ていてあっという間に終わってしまいましたね。
    1時間の放送時間では収めきらない感じでした。
    通常のスポーツは30歳くらいまでがピークだけど
    おっさん勢の活躍がすごかったですね。
    優勝したの50過ぎの人だし^^
    あそこまでストイックにはなれませんけど
    学ぶべき所は多かったですね。

  4. じゃーん より:

    みっさん こんにちは
    みっさん家は全員走るから刺激されまくりだったのでは?
    弁護士のおっさんは、あのレースの本当の勝者かもしれませんね。
    景色もレースも楽しむ余裕があり過ぎでしたから^^
    せっかくパタゴニアまで行くんだったら
    100Kか100マイルにしましょうか^^

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました