iphone7発売 進化と喪失

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

新しいiphone
iphone 7の発売が決定されましたね。
私はまだiphone 5なんでそろそろ買い替えかなぁ。

写真はiPhone6のものです。
iphone 6からは処理速度、バッテリー時間など
基本性能は順当にアップグレード。
性能はあまり気にしませんけど、いよいよ買い替え。と思ったのは
アウトドア使用に耐えうる性能が、飛躍的にアップしたからです。


まずは防水性能。
IP67に準拠した防水防塵仕様がついた。
完全な防塵で、水面下15センチ~1メートル、30分間までは耐える等級。
普段の生活では水に濡れることは無いのだけれど
登山やランニングでGPSとして使う機会が多いので防水機能はありがたい。
汗でびっしょり濡れた手で触るのは気を使うし
濡れたポケット入れる時に結構心配になるんですよね。
カメラレンズがF1.8になった。
(iphone6はF2.2 iphone5はF2.4)
単純にF値だけでみると、6よりも1.44倍
5よりも1.77倍明るくなった。
5で暗くて撮影できなかった、
あんな事やこんな事も撮影出来ちゃうのかな。えっ何がって?(笑)
7plusは標準レンズの隣に光学2倍の望遠レンズが埋め込まれています。
たぶんiPhoneの最大の変化はこれ。
イヤフォンジャックが消えて
ワイヤレス接続で音楽を聴く仕様に。

音の出る機械には必ずジャックが付いているのが当たり前
ずいぶん思い切った感があります。
鳥が進化の過程で、前足を全て翼に変えてしまったかのような出来事。
指をいくらか残しておけばいろいろ便利だったろうに。と思いませんか?
設計に干渉していたイヤフォンジャックを省く事によって、
設計の自由度が上がったのだそうな。
イヤフォンの穴が無くなったって事は
今までのイヤフォンは使えなくなるのかと思ってましたが
ライトニングジャック(充電用差込口)に挿して使うアダプターが同梱されるそうです。
そしてこちらが10月下旬に発売。


Air Pods  
充電は5時間くらいもつらしい。
これによりiPhoneをポケットやカバンに入れたまま聴けるようになるし
鞄の中で絡まったケーブルを解く作業から開放されるわけだ。
またイヤフォン両方に加速度センサーが着いているという事は
イヤフォンとしての用途以外に何か出来そうです。
例えば手に持って、空間上に文字や絵を描いたり
モーションセンサー的な使い方も考えられますね。
AirPodsは進化といえば進化なのだが
革新的進化には必ず大きな喪失が伴います。
小さ過ぎて片方だけ絶対無くすよね。
不意に耳から外れて、排水溝に落としたり・・・・
iphone8 ではイヤフォンジャックが復活するのかなぁ。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました